月曜日が憂鬱な人たち、集結せよ。


月曜日、それは日本では、7つの曜日の中で一番人気のない曜日です。理由は様々ですが、土日の次だから、その反動で精神的ショックを受けるケースが多いと考えられます。しかし、実は私(本プロジェクト企画者)の経験上、月曜日は週で一番、未来を考える創造性を働かせるのに適した曜日です。理由の一つは、休日の後のため脳が整理されており、本来の自分のやりたいことなどがクリアになっていること。もう一つは、火曜日以降は通常業務に勢いがついていき、目の前の現実的なことしか考えられなくなってしまうため、新しい発想がしにくくなること。すなわち、月曜に楽しくアイデアや企画を作ることができれば、仕事や人生において、素晴らしい未来を作ることができます。

 

本プロジェクトでは、月曜を操り、人生と仕事を加速させる「マンデーマネジメント」を全員で習得していきます。まず最初に試してみてほしいのは、月曜日を「ツキようび」と呼ぶこと。つまり、「ツキ、か、すい、もく、きん、ど、にち」です。なぜそうするかというと、実は、「げつ」という発音が憂鬱を引き起こしているからです。今日、月曜日か・・と、一日の事を頭にうかべながら、「ゲッ」と言う音を想像すると、ムカムカしてきてしまうことがあります。「ツキ」の韻は、「好き」に似ています。心地よい。「ツキようび」と、心の中で呼ぶだけで、なんだかその日が好きになり、週初めに勢いがつき、人生が変わります。だまされたと思って、ちょっと試してみてください。口では「げつようび」と言っても、心の中で「ツキようび」と唱えてみましょう。きっと変わります。

 

そして、ツキようびは、「ツキ呼び」の日。ツキを呼ぶ日です。月曜日の過ごし方で、どんどん、良いことが舞い込みます。

 

さあ、今、月曜日がイヤだ、憂鬱だ、ツラい、苦しい…と心の中で思っている皆さん、凹んでいる場合ではありません。みんなで月曜日を最高にワクワクする、週で一番楽しみな日に変えて、人生を加速させ、よりよい未来を手に入れましょう!